オンラインカジノ 税金は発生するのか?

日本でも人気になりつつあるオンラインカジノですが、手軽にどこでもカジノゲームが楽しめ運よく儲けがでることもしばしばあります。ここで気になるのが、オンラインカジノからでた利益は素直に受け取って全部使ってしまっていいのか?ということです。オンラインカジノの利益にかかる税金はどのようになっているのでしょうか?

オンラインカジノの利益は一時所得

オンラインカジノでの利益は一時所得と呼ばれ、課税対象となります。一時所得とは「営利を目的とする継続的行為から生じた所得以外の所得」と定義されています。

一時所得とみなされるのは以下のものとなります。

  • 懸賞や福引の賞金
  • 競馬やパチンコの払戻金
  • 保険の一時金や損保の満期払戻金
  • 法人から贈与された金品
  • 遺失物拾得や埋蔵金発見による報労金

まさに、オンラインカジノの利益は懸賞や福引の賞金または競馬やパチンコなどの払戻金のように一時所得に当てはまります。

オンラインカジノでの賞金に関する納税の重要性

競馬やパチンコで賞金を得ても納税したという話はあまり耳にしません。実際にほとんどの人がこれらから賞金を得たとしても納税をしていないのが現実です。大きな理由としては、賞金の受け取り方にあります。本来は一時所得として扱われるのでしっかりと納税しなければなりませんが、パチンコや競馬などは現金で賞金を受け取るため銀行などに記録が残ることはありません。そのため税務署が金銭の取引を把握できないため、取り締まることが難しい現状となっています。

一方オンラインカジノの場合は、銀行に賞金を受け取った記録が残ります。そのため、納税をしなければ税務署から追及されるのできちんと納めるようにしましょう。

オンラインカジノ 税金の計算方法

それでは、オンラインカジノでどのくらい利益が出たときに税金を支払わなければならないのでしょうか?一時所得は収入金額から支出金額を差し引きさらに特別控除額を差し引いたものになります。さらにこの一時所得のうち課税対象額は2分の1となります。会社員の場合は一時所得の課税金額が20万円以下の場合は申告不要となり特別控除があるので、年間利益が90万円以下となると申告不要となります。詳細に関しては、課税金額は一時所得の2分の1となるため課税金額20万円の2倍は40万円さらに50万円の控除で合計90万円となります。ただし、通常の所得やその時の状況により変更される可能性があるので、不安な場合は税理士などの専門の方に相談してみた方がよいかもしれません。

まとめ

オンラインカジノ 税金について意識しておくと後々納税していないことがばれて追納…なんて事態は防げるかと思います。最悪の場合、しっかりと税金の管理ができるようになるまで出金しないという手もありますが、いずれは必要な知識となるので早めに調べておいた方がよさそうですね。スロット イベントで追加資金がゲットでき、ルーレット、バカラ カジノゲームで稼げるオンラインカジノは一攫千金のチャンスが眠っているからこそ、利益が出たときのために早めに準備をしておくことをお勧めします。