オープンイノベーションの加速化!「AI Alliance」とは何?どんな団体なのか?

ChatGPTを始め、イラスト作成や音楽作成などAIの技術は大きく進歩し、世界中で利用されています。2023年12月「安全で責任あるAI」に向けた取り組み、オープンイノベーションの加速化として「AI Alliance」という団体が立ち上がりました。この団体には、50を超える企業や団体が参加しており話題になりました。「AI Allianceってどんな活動をしているの?」「AI Allianceに参加してい企業や団体が知りたい」「AI Alliance の将来性は?」といった方に向けて、この記事では

  • AI Allianceとは
  • AI Allianceに参加している企業・団体10選
  • AI Allianceの将来性

について解説していきます。この記事を読むことで「AI Alliance」についてわかります。是非、最後まで読んでみてください。

AI Allianceとは

AI Alliance(AIアライアンス)とは、Facebookを運営するMetaやITサービスを提供するIBMが主導となり、創設。50を超える企業・団体が創設時のメンバーとして参入しています。

AI Allianceの目的

2023年にAIイラストやChatGPTなど、様々なAI技術が発展し、社会的モラルに反した利用方法などが問題視されたことも。そのような状況下で「社会の複雑性や必要性を反映しながらAIの進化を発展する様々な機関を通じて、あらゆる場所で機会を創出すること」を目的としてAI Allianceが設立されました。

AI Allianceの活動

AI Allianceが挙げている主な活動は以下の通りです。

  • 安全性や信頼性を検証したツールやカタログの作成、AIシステムを利用可能にするベンチマークや評価基準、ツールなどの開発と展開
  • 社会全体の、気候や教育などの課題を対処できる言語モデルなど、オープンな基盤モデルのエコシステムの責任ある推進
  • 活気あるAIハードウェア、アクセラレーター、エコシステムの育成
  • グローバルなAIのスキル構築や研究の支援
  • AIのリスクや精密な規制など、一般利用者に情報を提供するため、教育コンテンツの開発
  • イベントを開催し、メンバーがどのようにAIのオープンテクノロジーを活用しているか紹介

AI Allianceに参加している企業・団体10選

AI Allianceに参加している企業・団体10選は以下の通りです。有名企業や日本企業を主に紹介します。

  • Meta
  • IBM
  • Dell Technologies
  • Intel
  • Oracle
  • NASA
  • 慶應義塾大学
  • ソニーグループ
  • 東京大学
  • Sakana AI

AI Allianceの将来性

AI Allianceは、専門家からも大きな注目を集めており、専門家からは「このAI AllianceがAI技術の発展において重要なマイルストーンになる」と言われており、イノベーションの加速と市場の多様性を促進すると見られています。また「技術的、政治的な課題が伴い、市場リーダーとの競争やプロセスの複雑さが進展に影響を与える」とも言われています。

ビジネスにも影響

AI Allianceは、ビジネスにも大きな影響を与えると予想されています。企業がAI技術をより気軽に採用し、活躍する機会を提供するため、中小企業でもAIを活用したイノベーションが可能になり、競争力を高められます。また、AI Allianceによって、企業がデータの共有や協力を重要視できるようになれば、新しいアイディアが生まれて業界全体の成長に繋がります。

まとめ

今回は、50以上の企業や団体が参入している「AI Alliance」について解説しました。最後におさらいとしてまとめます。

  • AI Allianceとは、MetaやIBMが先導して創設し「AI技術の発展と、ルールや安全性を保つ」ことを目的としています。
  • AI Allianceに参加している日本の企業や団体は「ソニーグループ」「東京大学」「慶應義塾大学」「Sakana AI」です。
  • AI Allianceの将来性は、今後のAI技術の発展において重要なものとなり市場との競争などの良い影響を与えると言われています。

AIが登場した時は、無法地帯に近い状態でした。今後、AI AllianceによってAIツールを利用するためのルールや安全性や信頼性などが担保されていくことに期待します。

投稿者 wadmin