社会や人々の消費行動は日々めまぐるしい速さで変化を遂げています。コロナ禍による変化を追い風として、多くの企業が新しい挑戦を続けています。

新しい生活様式に適用するために、不可欠だとされているのが「デジタル化」です。これは働き方だけでなく、商品やサービスの提供の仕方にも応用できる考え方です。

デジタル化は、「デジタルトランスフォーメーション(DX)」とも呼ばれ、テクノロジーのちからでビジネスの仕組みを再構築することを意味します。

では実際にどんな企業がデジタルトランスフォーメーションを行ったのでしょうか?本記事では、日本国内外のデジタル化の成功事例を見ていきたいと思います。

日本国内外のデジタル化の成功事例3選

配車アプリ「Uber」

アメリカ発の配車アプリ(ライドシェアサービス)のUBER(ウーバー)は、ご存知ですか?タクシーと同じように配車を手配できるサービスですが、通常のタクシーよりも安価に利用できることを理由に爆発的な人気を得ました。

安価に利用できる理由は、UBERの運転手がタクシーの運転手ではなく、車を所有する一般人だからです。つまり、車を運転したいドライバーと移動手段を求めるユーザーをアプリでマッチングしたサービスなのです。

UBERはただ配車の仕組みをデジタル化したわけではありません。クラウド、ソーシャル、ビッグデータ、モバイルなどをフル活用して、革新的なサービスを創出することに成功しています。

フリマアプリ「メルカリ」

フリマアプリとして国内シェアNo.1のメルカリも、デジタル化の成功事例です。

ネットオークションが主流だったフリマサービスを、スマホ完結型サービスにすることで多くの利用者を獲得しました。

メルカリは、スマホだけで簡単に出品、支払い、購入ができます。さらにはポイントを買い物に利用できる決済サービス「メルペイ」を導入するなど、ユーザーの使いやすさを重視したサービス展開も、多くの利用者に支持される理由となっています。

オンラインカジノ

オンラインカジノとは、オンライン上でカジノゲームで遊べるものです。従来、カジノで遊ぶためにはラスベガスなど本場ランドカジノに足を運ばなければなりませんでした。

しかし、オンラインカジノの誕生により、日本にいながらして好きな時にカジノゲームで遊べるようになりました。

本場ランドカジノと同じように、本物のお金をかけてゲームをプレイできるので、勝てば勝利金を引き出すこともできます。

ポーカーやルーレットなど、カジノホテルだけでしか楽しめなかったゲームを、オンラインカジノで遊んでみてください。