Nord VPNのプロジェクト「トモにカタールへ」とはどんな活動?

Nord VPNのプロジェクト「トモにカタールへ」とはどんな活動?

10月にニュースにもなったのでご存知の方もいらっしゃると思いますが、Nord VPNが「Smile for Nippon」のオフィシャルスポンサーに就任しました。

それに伴って、日本の被災地の子どもたちを「FIFAワールドカップ(W杯)カタール大会」へ招待し、世界を体験させるSmile for Nipponの「トモにカタールへ」プロジェクトへの協力が実現しました。

この記事では、Nord VPNについてとプロジェクト「トモにカタールへ」という活動について説明していこうと思います。

Nord VPNとは?

Nord VPNは、パナマに本拠地を置く個人ユーザー向けのVPN(仮想プライベートネットワーク)のサービスプロバイダです。有料VPNプロバイダーの中でも業界トップクラスのプロバイダーとして、ランキングではいつも上位にランクされています。

Windows、macOS、Linux用のデスクトップアプリ、Android、iOS用のモバイルアプリ、AndroidTV用のアプリとほぼ全デバイス対応で、手動セットアップで無線ルーター、NASデバイスなどにも対応可能です。

Nord VPNの基本概要

  • サーバー設置数:59カ国5,400超のサーバー
  • 同時接続台数:6台
  • 無料トライアル:30日間返金保証
  • 支払い方法:クレジットカード、仮想通貨、Paypal、ALIPAY等
  • 日本語対応:有り
  • ライブチャット:有り(365日24時間)

Nord VPNのプラン料金

月額
2年契約
  • コンプリートプラン:680円
  • プラスプラン:520円
  • スタンダードプラン:390円
1年契約
  • コンプリートプラン:870円
  • プラスプラン:710円
  • スタンダードプラン:580円
1ヶ月契約
  • コンプリートプラン:1,840円
  • プラスプラン:1,680円
  • スタンダードプラン:1,550円

※2022年12月現在の料金プラン。キャンペーンや為替に応じて料金は変動する。

Nord VPN「トモにカタール」プロジェクトとは?

今回、Nord VPNの「トモにカタールへ」プロジェクトへの協力支援としては、Nord VPNとの契約をお得な価格設定で契約でき、80%がプロジェクトへ寄付されるというものでした。

簡単に説明すると、被災地の子をQatarに招待するためのクラウドファンディングプロジェクトです。実はこのプロジェクト、2014年ブラジル大会、2018年ロシア大会への招待成功を経て、今回が3回目でした。

企画内容としては、宮城県女川町・愛媛県宇和島市・熊本県球磨村在住の学生から1名ずつ、また支援が多く集まった場合は、福島県南相馬市・岡山県倉敷市真備町・宮城県石巻市にも範囲を広げて『2022 FIFAワールドカップカタール大会』へ招待し、「世界とのつながり」や「多様性・異文化」を体感してもらうというクラウドファンディング企画です。

プロジェクトの意義

32カ国以上の人が集まる、世界最大級のスポーツの祭典に参加することで短期間に世界とのつながりを実感し、多様性・異文化に触れ、理解を深めると共に地元への還元を目的としており、さらには世界のメディアからの注目度が高い大会で、それぞれの災害への世界からの支援に感謝と復興の現状を世界に伝えることで、災害を忘れることなく関心を持ち続けて貰うことも意図していました。

また、新型コロナウィルスが蔓延したことで、中々希望が持てない現状において、クラウドファンディングにより、閉塞感ある災害地からでも世界へ飛び立てる可能性と「みんなで力を合わせたら何かできる」「あきらめない」を実感してもらい、年齢も地域も違う被災地の学生が他の地域と交流を持ち、どう未来に向け行動すべきか?を考えるきっかけにしてもらうことを目的としています。

最後に

Nord VPNは、社会貢献活動にも積極的に取り組んでおり、他にも世界中の非営利団体(NPO)や教育機関への協力、独自のCSRプロジェクトの実施、緊急時のVPNアクセス提供など、さまざまな活動や支援を行っている企業です。

そして、これらの活動はすべて、「言論の自由」「デジタル時代における少女と女性の地位向上」「教育・デジタルアウェアネス」の3つの主要分野を対象としているそうです。

世界的な企業が、今回は「Smile for Nippon」のオフィシャルスポンサーになることで、こういった活動に光が当たることは素晴らしいことですね。