人気漫画が待望のドラマ化!『親愛なる僕へ殺意を込めて』について

人気漫画が待望のドラマ化!『親愛なる僕へ殺意を込めて』について

大人気漫画が原作のドラマ『親愛なる僕へ殺意を込めて』が、山田涼介主演で毎週水曜よる10時から放送中です。初回から衝撃的な展開で注目を集めていますよね!

今回は、連載が終了しても映像化の声が多く、念願のTVドラマ化となった『親愛なる僕へ殺意を込めて』のあらすじや作品概要、キャストたちを中心に紹介していきます。

山田涼介主演ドラマ『親愛なる僕へ殺意を込めて』とは

作品概要

  • 制作局:フジテレビ
  • 放送開始日:2022年10月5日
  • 放送時間:毎週水曜 22時~22時54分
  • 総合演出:松山博昭
  • プロデューサー:草ヶ谷大輔
  • 脚本:岡田道尚

『親愛なる僕へ殺意を込めて』は、連続殺人犯の父を持つ主人公がある事件をきっかけに自分が二重人格であることに気づき、事件の真相を明らかにしていく二重人格サスペンスドラマです。

原作は、井龍一さん(原案)・伊藤翔太さん(作画)の二人が手がける同名漫画です。2018年~2019年8月まで「週刊ヤングマガジン」で、2019年8月~2020年9月は「コミックDAYS」にて連載された、累計130万部を突破した人気コミックです。

そんな人気作を総合演出するのは、『ミステリと言う勿れ』『ライアーゲーム』『鍵のかかった部屋』という人気作を監督した、クリエイティブな演出に定評のある松山博昭さん。サスペンスならではの緊張感のあるシーンやコミカルなシーンとのギャップにも注目です。

あらすじ

お気楽な大学生・浦島エイジ(山田涼介)は、連続猟奇殺人事件の犯人・八野衣真(早乙女太一)/通称・LLの息子ということで幼少期は辛い思いをして育ってきました。しかし、恋人の雪村京花(門脇麦)と過ごしている時だけはこの事実を忘れて幸せな時間を過ごすことが出来ました。

そんなある日、15年前に自殺したはずの父親と酷似したLL事件が起こります。エイジには、この事件があった3日間の記憶が無く、そしてなぜか警察に疑われてしまいます。抜け落ちた記憶や状況を整理していくと、エイジは自分が実は二重人格ではある事に気が付きました。

真相を調べようとしたところ、半グレ集団「スカル」のリーダー・サイこと、佐井社(尾上松也)に呼び出されます。さらにがサイが運営しているデートクラブのナミ(川栄李奈)に事情を聞こうとしたところ・・・。

『親愛なる僕へ殺意を込めて』キャスト紹介

浦島エイジ(山田涼介)

本作の主人公で、陰と陽の二つを持つ二重人格。

エイジを演じるのは、男性アイドルグループ「Hey!Say!JUNP」のメンバー・山田涼介さん。アイドルだけではなく、俳優としても数々の話題作品に主演しています。今回初の二重人格者役で、一人二役に挑戦します。

ナミ(川栄李奈)

サイが運営しているデートクラブで働き、殺された友人の真相を探っていく。

女性アイドルグループAKB48の元メンバーで、卒業後に女優として活動している川栄李奈さんがヒロインを務めます。

雪村京花(門脇麦)

エイジの恋人で、殺人犯の息子だと知ってもエイジに寄り添う彼女。

演じるのは「止められるか、俺たちを」など、主演女優賞を受賞した門脇麦さんです。

佐井社(尾上松也)

半グレ集団「スカル」のリーダーで、デートクラブ「アリス」を運営している。

松山博昭が監督した「ミステリと言う勿れ」にも出演していた、歌舞伎役者の尾上松也が演じます。

八野衣真(早乙女太一)

エイジの父親で15年前の連続殺人事件「LL事件」の犯人、警察に追い詰められたのち、焼身自殺。

演じるのは、数々の舞台に出演、さらに「ミステリと言う勿れ」などテレビドラマや映画にも出演している、大衆演劇の劇団朱雀の二代目 早乙女太一です

桃井薫(桜井ユキ)

美人刑事。15年前新人時代にLL事件を担当し、酷似した事件が起こり、息子のエイジを疑う。

10月15日から「ボーイフレンド降臨!」でヒロインとして出演中の桜井ユキが演じます。

まとめ

今回は、井龍一&伊藤翔太x山田涼介主演のフジテレビドラマ『親愛なる僕へ殺意を込めて』を紹介しました。本作は、サスペンスドラマならではの緊張感と真実についての考察で視聴者を釘付けにしそうな期待感の高い作品です。1話は既に放送されており、今後の展開がとても楽しみですね。

まだ未視聴の方はサブスクで『親愛なる僕へ殺意を込めて』について検索してみるのはどうでしょうか?あなたにとって新しいサスペンスドラマに出会えるきっかけになるかもしれませんよ。